2016年6月26日日曜日

ドクウツギから毒を分離

 以前の記事で紹介したドクウツギの実から毒性の高い成分を抽出する実験をしてみました.
 
 ドクウツギはその実に毒性の高い物質を含んでいます.特に有名なものとしてはツチン(Tutin)やコリアミルチン(Coriamyrtin)があります.ドクウツギの実を食べると,これらの物質が神経に作用して最悪死ぬ,というわけです.

 抽出の手順はアリエナイ理科シリーズを参考にしておりますが,手持ちの薬品の都合上,使用した薬品はほとんど代用品となっています.

 まず,採取してきた実をつぶすところから始まります.2重にしたビニール袋に実を入れ,スプーンで押しつぶしました.このとき種子をつぶしてはいけないようなのですが,実が未熟で硬かったために力を入れすぎて種子をいくつか砕いてしまいました.
 つぶした実をエタノールを入れ,そこにクエン酸を入れて混ぜます.

 おいしそうですね.クエン酸の溶け残りが容器の底に沈んでいたので1日間このまま放置しました.
 その後はろ過します.

 これまたとてもおいしそうです.これでは量が多すぎるため,加熱して溶媒をこの1/3くらいにしました.加熱中はとてもおいしそうな,甘酸っぱいにおいがします.
 この溶液を炭酸ナトリウムで中和し,溶媒で抽出すれば作業は終わりです.エーテルがないのでヘキサンで代用しました.また,分液漏斗もなかったので注射器で代用しました.数回抽出作業を行い,できたヘキサン層のほうを湯煎してヘキサンを飛ばします.しっかり換気しないと危ないですね,引火するし臭いし酔うし.
 
 そしてできたのがこちら

 どう見ても不純物だらけじゃないか!!しかも量少ないし!!
 
 考えられる原因としては,
・種子をつぶしてしまった
・代用した薬品がよくなかった
・溶媒を飛ばすために加熱しすぎた
などです.

 あまりうまくいかなかったので,今回の反省点をしっかり見直し,次に活かしたいです.


2016年6月24日金曜日

ドクウツギの採取

 先日,ドクウツギ(Coriaria japonica)を採取するため山へ行ってきました

 ドクウツギは非常に強い毒をもつ植物です.しかし分布している場所は少なく,なかなか見ることのできない希少種です.初夏から夏にかけてかわいらしい実をつけるため,それを目印に探すことにしました.
 ドクウツギを探しつつ腹ごしらえ.山の幸を満喫します.


 はじめて黄色の野イチゴを食べました.小学生のころ,椋鳩十の小説で「黄色の野イチゴは甘くておいしい」と書かれているのを読んだことがあります.確かに酸味は少ないですがあまりおいしくありませんでした.私は酸味のある赤い野イチゴのほうがすきです.野イチゴを食べていたら手が傷だらけになってしまいました.

 しばらく散策していると,ドクウツギ発見


 初めて見る希少植物に興奮する我.写真からもわかる通り,とてもきれいな実がついています.時期が早かったのか,赤色の実しかありませんでしたが,もうしばらく時が経つとこの実は紫色に変わります.実を少し味見してみると,梅のようなしゃりっとした食感に梅のような酸っぱい味でした(危険ですので真似しないでください).
 この植物は希少なのですが,自生している場所では非常に多くの個体が見られます.おそらく,生育に適した環境がかなり限られており,その環境の下でならそれなりに生命力を発揮するのではないでしょうか.本当に他の植物を圧倒するような勢いで生えているので,なーにが希少種じゃ,という気持ちになります.

 私はもともとこの植物を根ごと掘り出して数株持ち帰ろうと考えていました(レアですので乱獲はNG).しかし,1株が非常に大きい.子株があるかなーと辺りを随分長く探してみたのですが,あまり小さな株はありませんでした.
 仕方がないので見つけた中で比較的小さなものを掘り出してみることにしました.小さなスコップしか持っていなかったため,それで根を傷つけないように掘り進めていきます.掘り進めます・・・.が,一向に終わりが見えない.どうやらドクウツギは太い根をかなり地中深くに伸ばしているようで,これを小さなスコップ1本で丸ごと掘り出すのは至難の業です.結局,「根を傷つけないようになんて言ってられるか!」ということで,根を途中で切断してなんとか1株採取しました.しかしこの植物は非常に弱く,根を適当に切断してしまったのですぐ枯れてしまうと思います.
 結局,1株を持ち帰るのが精一杯でした.それと,実を少し採取してきたので,ここから有毒成分の分離に挑戦します.

 今回分かったことは,
・小型のスコップでは丸ごとの採取は困難
・子株がある時期に採取しに行く方がよい
ということです.また,秋~冬はドクウツギもろとも他の植物も枯れて掘り出しやすくなるようです.もう少ししたらまた行ってみます.


おまけ
 山ではこんな毒草も発見しました.


2016年6月16日木曜日

すっぱいニンジン

 爽やかな朝,常温で放置しておいた冷凍のコロッケを揚げようと袋から出す.なんだか酸っぱいにおいがする.酢酸の臭いだ.嗅がなかったことにしてコロッケを揚げる.きつね色に変わったそれを口に入れると,理科室で嗅いだあの臭いが口の中に広がる.やけに酸っぱい揚げ物を2個と半分食べたところでようやく気が付いた.
 このコロッケ腐ってる!!

 雨が降りじめじめとした空気が漂う午後.私は部屋の隅に置かれた,またも常温保存しておいた冷凍野菜を開封した.ニンジン・グリーンピース・コーンが入っている.ニンジンをひとかけら手に取り,口に入れるとやはり酸っぱい.酸っぱくて食べられない.
 きっと,この酸味の正体は微生物が生成する酢酸などによるものだと考えた.私はこの野菜を鍋に入れて煮沸し,そこに重曹を加えた.心地よい音を立てて二酸化炭素の泡が発生する.
 しばらく煮詰めた後,野菜をざるに移して水で洗った.そして3種の野菜を順番に味見する.ニンジンとグリーンピースからは酸味が抜けている.しかし,コーンだけはあまり改善は見られなかった.糖の多さが原因だろうか.

食中毒には気を付けようね!
良い子のみんなは腐っているものを無理して食べないでね!!


2016年6月11日土曜日

山をあるいたよ

今日はTOEIC IPテストがありました
1年生の前期から英語の単位を落としそうです

ところで今日は小さい山を2件梯子しました
1つめは春に訪れた場所
あれからしばらく経って,山の様子はどう変わったでしょうか


さっそく発見した野イチゴ
酸っぱくて,少し桑の実に似た味があってとてもおいしい

野イチゴを食べながら進んでいきます


春には花が咲いていたマムシグサも実をつけはじめました

以下ギャラリー





2016年6月9日木曜日

新元素のおなまえと業務スーパー

昨晩,ついに113,115,117,118番の元素の命名案がIUPACにより公開されました
IUPACによるプレスリリースの資料はこちら
詳しいことはIUPACのプレスリリースのほうを読んでください

113,115,117,118番元素の命名案は以下の通り
113番 Nihonium 元素記号Nh
115番 Moscovium 元素記号Mc
117番 Tennessine 元素記号Ts
118番 Oganesson 元素記号Og

正式な結果は今年11月8日に決定ということですので多少変わるかもしれません
これでやっと元素周期表の第7周期までのすべての元素に名前が付けられることになります
まだ1つも見つかっていない第8周期が埋まるのは何年後でしょうか

ちなみに118番元素の命名案Oganessonはアルメニア出身の研究者であるYuri Tsolakovich Oganessian氏にちなんでいるそうで,しかもこの方はご存命でいらっしゃるようです
今回のIUPACのプレスリリースには,新元素命名の規則について以下のように書かれています

(以下引用)
The guidelines for the naming the elements were recently revised [3] and shared with the discoverers to assist in their proposals. Keeping with tradition, newly discovered elements can be named after: (a) a mythological concept or character (including an astronomical object), (b) a mineral or similar substance, (c) a place, or geographical region, (d) a property of the element, or (e) a scientist.
(ここまで引用)

(e) a scientistとありますがその生死につての説明はここではされていません
もしかして存命の科学者からも元素の名前を付けることができるようになったのでしょうか?
存命の科学者から名前が付けられた元素はこれで2件目です
もう1件は116番元素のSeaborgiumです.これは本来はルール違反なのですが例外的に存命の科学者であったGlenn Seaborgにちなんでつけられています
一度そのようなことがあったら次からはもうそれもアリってことにしないと不公平のような気もしますし良いと思います

新しい元素がどんどん見つかって名前が付けられていくのはとても楽しいことですが,コレクションできない元素が増えていくとなると・・・うーん


話は変わってここからはどうでもいい私の日常の日記になります

今日は業務スーパーでお買い物をしました
一人暮らしを始めてからわかる,業務スーパーの商品の安さ

これだけ買っても1000円ちょい
とても助かります
以前インターネットで業務スーパーの紙パック入りのデザートのことを知り,レアチーズが気になっていたので購入してみました
しかし・・・

多い
1kgもありますし,100gあたり199kcalあります
これ一本で1日分のエネルギーが摂れちゃいますね
原材料を見てみると,粉乳やチーズを無理やり固めたようなもののように思えます
味はそんなにおいしくない
食べきれないので半分残して庭に掘った簡易冷蔵庫に突っ込んでおきました
一晩くらいはもつでしょう

あとは買ってきたほうれん草・肉団子・缶詰のトマトを鍋に入れました

多い
さらに厚焼き玉子を投入

多い
これでしばらくは食っていけそうです

ちなみに肉団子の原材料はこんな感じでした



明後日はTOEIC IPテストがあります
点を半分くらいとらないと英語が不可になるのです・・・大丈夫かな・・・


2016年6月5日日曜日

slayer exciter

この土日ずっとおうちでだらだらしていました

今日は缶詰の缶の中で油を燃やしました

これでは煤がたくさんでて部屋が平安時代の人の鼻の穴みたいになってしまうので少し改良しました

煤は出にくくなりましたが酸素が少なくなる分火は弱くなってしまうので時々上のふたを外してやる必要があります

こんなものでもなかなかあたたかいです

それと今日はslayer exciterであそびました



グロー管がきれいに光ってくれました
三枚目の写真で指のあたりが紫色に光っているのが見えると思います
このコイルはおずしにもらいました

slayer exciterの使い道はこれだけではありません

このような二枚のプラスティックの薄い板(クリアファイル)を・・・

くっつけることができるんです!
すぐとれるけど

slayer exciterは簡単に作ることができてとても楽しいです
今日は人差し指にたくさん穴が開きました



今日はお風呂場の鏡の横に赤茶色の手形が二つ付いていることに気が付きました
私はこのお風呂場でおばけに会う夢を見たことがあr


2016年6月2日木曜日

洗い物

今日は講義が昼までだったのですが,講義が終わってからは何をするでもなくぐだぐだと過ごしてしまいました

今日は,昨日生まれたゴキブリの卵をビンから別の場所へ移す作業をしました
昨日述べた通り,よりきれいな場所へ移動させます

まず,ビンの中は親ゴキブリのフンなどで汚れているため,卵を割り箸でつまんでビンから出します
そのあとは卵に大きな力がかからないように注意深く水洗い
今回はゴキブリの強さを信じて殺菌成分入りの石鹸でじゃぶじゃぶ洗いました
そして別の器に移植

ア理科式です

ゴキブリの卵は孵化までに結構時間がかかるようです
また,この卵はクロゴキブリのものなのですが,クロゴキブリは孵化から成虫になるまでの時間も結構長いようです
ゴキブリはさっさと生まれてさっさと成虫になって数を増やすイメージがあったのですがそうでもないみたいですね
丈夫さ故の余裕かもしれません

今日やったのはこれだけ
本当にこれだけ
講義が終わってから今まで10時間半で,これだけ

2016年6月1日水曜日

ゴキブリのたまご

今日は大学から帰ってきたらなんと!ゴキブリが産卵していました!

尻から遠い方(先に外に出たほう)は赤っぽい色になっており,尻に近い方は白色です
ゴキブリの卵は袋のようになっており,ジッパーのような部分があります
(私はゴキブリの卵を今日初めて見ました)
産卵中の様子を見ていると,そのジッパーのような部分を閉じながら産んでいるのではないかなぁとも思いました(実際どうなのかは知らない)

そして数時間後

まだ尻についていますが,腹の外に出てからしばらく経った部分は茶色になっています
これは空気に触れると色が変わるのでしょうか?脱皮後の色が普段の色と違う虫はたくさんいますがそれと同じなのかも気になりますね


そして産み落とした卵を入念になめるゴキブリさん
様子を見ていると,なにやら卵の周りにあるティッシュを持ち上げようとしていました
そして・・・

ティッシュで卵を包んで隠してしまいました!
これはゴキブリにこういった習性があるのでしょうか?

最近は家に帰ると玄関でゴキブリがお出迎えしてくれるにぎやかな日々を送っています
ゴキブリ歴が短い私にはゴキブリは不思議な事ばかりです
彼らは本当にハイスペックな生き物だと思いますし,我々もゴキブリから学べることはとても多いんじゃないかと考えています

今回ゲットした卵はきれいな場所で孵化させて育てようと思います