2017年2月19日日曜日

塩タブレットを作った

 この前作った炉で遊ぶのが楽しくてマイブーム.



 私は何かを作るときにアルミホイルをよく使うので,使用済みのものを融かして遊んでいます.

 そして今日は食塩の融解に挑戦してみました.今まではアルミニウム(融点660℃くらい)までしか試していませんでしたが,果たして食塩(塩化ナトリウム,融点800℃くらい)を融かすことはできるのでしょうか?

 

 特に工夫はなく,容器に食塩を入れて加熱.蓋をして加熱すること20分・・・


 わぁい!融けた!
 さらさらした透明の液体になりました.これを食塩のくぼみのなかに流し込めば・・・


 塩タブレットの完成!




2017年2月18日土曜日

manganese

 Hi.今日はマンガンで遊んでみました.
 
 マンガン乾電池の中に入っている黒い粉・・・二酸化マンガンが主成分ですが,こいつをなんとかして金属マンガンにしたいと思い,今朝,黒い粉と不純物だらけの塩酸をビーカーに入れ,塩素の臭いに耐えながら反応を待ちました.黒い粉のせいで溶液の色の変化はわからなかったのですが,酸化マンガンと塩酸が反応してピンク色のマンガン(Ⅱ)イオンが遊離していることを期待し,わくわくしながら濾過したのですが・・・

 えぇ・・・.なぜか緑色の溶液になってしまいました.これはおそらくマンガン酸イオン(MnO42- )によるものと思われます.塩酸が薄かったせいで思うように反応が進まなかったのでしょうか.よくわかりませんがこのとき私はなぜかこいつをさらに酸化しようと考えてオキシドールを加えました.

 何が起こったのかわかりませんがオレンジっぽい色になって楽しかったです.ちなみに加熱すると酸素が出てきて溶液は緑色に戻ります.本当に何が起こっているのかわからないです.

 また,上の溶液(緑色の溶液)に水酸化ナトリウムを入れると褐色沈殿と白色沈殿が生じました.

 どちらも水酸化物沈殿特有のどろどろした感じがあります.白色沈殿は水酸化マンガン(Ⅱ)(Mn(OH)2 ) 褐色沈殿は水酸化マンガン(Ⅳ)(MnO(OH))だと思います.

 う~ん・・・

 よくわかんないし,とりあえず電解しちゃえ☆



 緑色の溶液を電気分解している様子です.片方の電極からは褐色の何かが出ているのがわかるかと思います.

 向かって右の電極のほうが低電位(こっちの電極から電子が出ている)です.塩素ガスとともに褐色の何かが出ています.これは二酸化マンガンだろうと思いますがこれもよくわかりません.もう一方の電極からは盛んに泡が出ていますね.しばらくすると・・・

 電位の低い方の電極からは赤っぽい溶液が生じるのがよくわかるようになりました.色からして過マンガン酸イオンと思えますがどうなんでしょうか.そして左の電極からはなんと樹状の金属が生えているではありませんか!

 写真だとわかりにくいですが灰色っぽい銀色で,ところどころ金属光沢が見られました.

 やったね.たぶんマンガンでしょ(適当).
 
 電解で発生した塩素ガスのおかげで炭素電極の固定使っていたクリップが十数分で錆びました.

 電解始める前は新品でぴかぴかだったんですが・・・.まさかここまで錆びているとは,,,


 なんだかとても適当な実験でしたが,なんとかマンガンっぽいものを回収できたので個人的には大変満足しています.もう少し実験を進めたらより効率よくマンガンが回収できると思いますが,この反応だと塩素ガスが発生する操作が2回もあるので,どうにかして塩素が出る工程を減らしたいと考えています.

 今日はここまで.春休みに入り,いろいろな実験(特に化学系)をしていますがNTの進捗が・・・.

 あ,そうだ.この前ニコ動に動画を投稿したのでよかったらみてください.



 それでは,だすびだーにゃ.





2017年2月11日土曜日

空気から酸化剤を作る

 ハーバー・ボッシュ法はよく「空気から火薬を作る」などと言われますが,大気中の窒素のほかに水素を用意する必要があり,「空気から」とは言い難い部分があります.対して今日の私は空気中の酸素と窒素を用いて直接硝酸を得たため,ハーバーやボッシュよりも空気から火薬を作る男に近いのであります.

 今日は硝酸メイカーで作った硝酸と薬局で買ったセスキ炭酸ソーダを用いて硝酸ナトリウムを作ってみました.

 これにお砂糖を混ぜるとあぶない粉ができます.

 火をつけてみるとほらこの通り


 お砂糖(ショ糖)は単独だと燃えにくいのですが,硝酸ナトリウムが酸化剤として働くことで簡単に燃えるようになります.たくさん煙が出るのでびっくりしました.

 今回は家にちょうどいい塩基性のカリウム化合物がなかったためナトリウム塩を作りましたが,例えば炭酸カリウムや水酸化カリウムを用いて硝酸カリウムとすることで,酸化剤としてではなく肥料としても使用できるようになると思います.でもそれを作るのに結構エネルギーを使うのであまりオススメできませんね.

 現在の硝酸メイカーはあまり効率が良くないので近いうちに改良したいです.


2017年2月2日木曜日

イルカを食べた

 今日はスーパーでイルカを見つけたので買ってきました.水銀補給要因.

 なかなか珍しいお肉ですね.クジラはよく見るけれど,イルカはなかなか食べないんじゃないかなと思います.ところでこれ,なんのイルカなんでしょうかね.真っ白の皮がついています.

 ホラ.触っちゃってますよイルカの肌に.よく水族館のイルカショーなんかで飼育員さんの投げたボールをキャッチできたらショーの後にイルカに触れるというのがありますが,これを買えばイルカの肌を触り放題なワケです.
 写真からもわかるように,白くて厚い皮の下に分厚い脂身があります.


 なんだかんだでステーキになりました.中まで火を通さないといけないと思い,長時間加熱したため肉は随分とパサパサになってしまいました.味付けはもちろん最高ですが肉が結構生臭いです.レバーみたいな食感.また,皮は弾力があり,脂身は噛んだ瞬間に液体になるくらいジューシーであんまりおいしくないです.

 調理の反省点としては,予想以上に生臭かったので臭みを消すような下処理を念入りに行うべきであったことが挙げられます.今回はステーキにしましたがパサパサになるのと,脂身がステーキ向けでないことから,シチューなど汁物の具として用いるのが良いのではないかと思います.


 結論
 クジラの刺身が食べたい.