2017年4月25日火曜日

デジタルオシロスコープキットを組み立ててみた

 先日秋月電子でオシロスコープキットを購入しました.今まで大きなアナログオシロスコープを使っていたのですが,部屋が散らかっているときに用意するのがなかなか面倒だったので,使いたいときにささっと使える小さなオシロスコープが欲しいと思っていたのでこのキットは魅力的でした.

 今日は早起きしたので朝から組み立て始めました.その後も昼休みに家に戻って少しだけ進めたりと,合間を縫って組み立てていきました.キットは久しぶりに組みましたがやはり楽しいですね.部品を全てつけ終えてからどこかパーツを間違えていないかとかドキドキしながら電源を入れる・・・キットに限らないドキドキですがキットに限っては大抵うまく動いてくれるのでうれしいですね.

わぁ!説明書通りにはんだ付けするだけでオシロスコープができた!

 軽いし小さいし,とても便利そう.今後の実験に活用しようと思います.



2017年4月24日月曜日

理研グッズ「ニホニウムマグカップ」の目盛について

 はうでぃ.4月22日に埼玉県和光市の理化学研究所で一般公開の見学をしてきました.

 和光市の一般公開は去年も行きましたが,去年に増してニホニウム推しだったように思えました.GARISの見学ツアーがなかったのが少し残念.でも最新版の元素周期表などもらえてとてもうれしいです.あまり写真は撮影していませんが,様々な分野の最先端の研究の説明が聞けるのでとても楽しいイベントです.

 また,売店ではニホニウムマグカップなどニホニウムに関するグッズがたくさんありました.私はニホニウムマグカップと手拭いを購入.マグカップは1つ1000円くらいだったかな?


 ところでこのマグカップ,中に一箇所線が引いてあります.

 113・・・なんなんでしょうかね,mLかな?売店の人に聞いてみるとあいまいな解答が・・・.帰宅後メスシリンダーを用いて調べてみました.
 100mL(±1mL)メスシリンダーを用いて,2回に分けて1回目は100.0mL,2回目は13.0mLの精製水をマグカップに注ぎました.1回目の100mLを注ぐと・・・

 もう113の線に届いていますね.残りの13mLを注ぐと線を越えてしまいました.

 以上より,この線は100mL付近の体積を示していることがわかりました.しかし私が購入したカップのみが偶然線の位置が低いものだったりという可能性もあるので,気になる方は各自測定してぜひ結果を教えてください.



2017年4月16日日曜日

指に磁石を入れてみた

 今日はインプラント手術をしました.タイトルの通り,指に磁石を入れる作業です.このような手術は日本では珍しい(というか見たことない)ですが,海外では結構例があります.磁場を感じることができるようになるので楽しそうだと思い私もやってみました.

 指に入れる磁石ですが,大きいと入れるのが大変だったり,入れた後生活に支障が出たり・・・,ということで,直径3mm,厚さ1mmの円盤状ネオジム磁石が人気なようです.私もそのサイズにしようと思って注文したのですが,シンガポールの業者の手違いで直径3mm,厚さ1.4mmのものが届きました.50個入りだったので45π[mm^2]くらい得しました.

 ネオジム磁石はそのまま体内に入れるのはあまりよろしくないので,通常安定な金属でめっきを行います.私は金メッキを施しました.一般的なネオジム磁石はニッケルメッキされているので金の食いつきは良いのですが,きれいにメッキをするにはそれなりのコツが必要でした.

 手術器具に関しては,必要なものは全てネット通販で揃ってしまいます.恐ろしい時代ですね.他のもので代用できるような器具もありますが,念のためちゃんとしたものを購入しました.メスや針付き縫合糸,持針器など.

 未消毒のものは消毒してから使います.準備が整ったら麻酔をします.指は左手の薬指を選びました.私は痛いのが苦手で,麻酔はしっかりやろうと思いました.麻酔成分入りの軟膏を指に塗り,感覚がなくなるまで氷で冷却しました.
 麻酔が効いてきたら指が温まる前にメスを入れます.メスは切れ味が良いのですいすいと指に入っていきました.ちなみに使用したメスの刃は11番です.
 切り込みを入れてメスを抜いたところで結構血が出て,それを見ていたら貧血になってしまいました.吸血鬼なのに自分の血液を見て具合が悪くなるとは情けない・・・.ガーゼを指に当て,しばらく休んだらよくなったので再開.その後,貧血→休んで回復→作業再開の繰り返し.磁石を入れようとするもピンセットにくっついてうまく入らない.竹串で押そうにも血ですべって入らない.結局,手にアルコールを塗って指で磁石をねじ込みました.あとは竹串で磁石を奥に押し込んでなんとかインプラント完了.磁石のおかげで出血も減りました.


 縫合のために縫合糸なども用意してあったのですが,磁石がそんなに奥に入らなかったことや貧血がひどいことから縫合は諦め,絆創膏のテープの部分で傷口をふさいで手術終了.磁石がぬるっと出てきてしまわないか心配です.


 とりあえず成功.

 傷口が塞がるまで安静にしていようかと思います.メスの切れ味が良いおかげで麻酔が切れてもあまり痛みません.
 今回の手術についていくつか不安な点があります.磁石が出てきてしまわないか?傷口は膿まないか?仮に問題なく傷口が塞がったとしても,金メッキはいつまで持つのか?飛行機に乗れるのか?MRIは・・・まあ多分ダメだろうな,などなど・・・.とにかく,傷が塞がるまでの数週間様子を見てみようと思います.他にできることないし.

 安静にしてなきゃならないの,つまんないなぁ・・・.

 
 

2017年4月1日土曜日

Diet

 Dietとは「(日常の)食事」のことであります.


 生物が活動し,またその体を維持するためには基本的に外からエネルギーやタンパク質,その他いろいろな栄養を取り込む必要があります.特に我々は動物であり,中でも恒温動物であり,体もそれなりに大きいため,多くの食事を必要とします.
 私が住んでいるところには文明があり,ある程度発達した社会があるため食料を得るために狩りをする必要はありません.それでもなお食事のために多くの時間を割く必要があります.食材を購入し,必要があれば調理し,それを食すのにさえ時間がかかります.どうしたら食事に割く時間を最小限にできるでしょうか?
 食材の購入と調理を食事の度に行うのでは効率が悪いので,一度にたくさんの食材を購入し,一度に調理して保存し,1日1回,袋から1つ出して食べたら食事完了・・・というのが望ましいですね.要するに1日分の栄養を全て含んだクッキーのようなものがあればよいのです.

 それでは早速作っていきましょう.材料は以下の通り
・「1日分の野菜」的な野菜ジュース1本
・小麦粉(薄力粉)200g
・上白糖50g
・プロテイン50g

 単価は1日分あたり約340円.
 
 プロテインにはこちらの商品を使用しました(リンクにアヒィは入ってません).上記の材料を混ぜ合わせ,オーブンで焼きます.

 お,多い・・・!

 これが半日分.




 上の写真が1日に必要な栄養を全て詰め込んだ食事になります(栄養が本当に完璧というわけではないので注意).クッキーだけでは足りなかったのでうどんを一束足しています.
 このクッキーのエネルギーはおおよそ1170kcal,タンパク質は55gほど.これにうどん一束加えるとエネルギーは1510kcal,タンパク質は64gほどになります.ヒトが1日満足に活動するために必要な食事の量は市販のクッキー1枚程度の大きさには収まらないようです.味は不味くはないけどおいしくもないのでこの量食べきるにはかなりの時間を要します.これでは意味がないですね.

 というわけで,一口で食事が完了する完全なクッキーの製作は失敗に終わりました.毎日同じものばかり食べていると何らかの栄養が欠乏しやすくなるので気を付けましょう.以上.