2017年4月16日日曜日

指に磁石を入れてみた

 今日はインプラント手術をしました.タイトルの通り,指に磁石を入れる作業です.このような手術は日本では珍しい(というか見たことない)ですが,海外では結構例があります.磁場を感じることができるようになるので楽しそうだと思い私もやってみました.

 指に入れる磁石ですが,大きいと入れるのが大変だったり,入れた後生活に支障が出たり・・・,ということで,直径3mm,厚さ1mmの円盤状ネオジム磁石が人気なようです.私もそのサイズにしようと思って注文したのですが,シンガポールの業者の手違いで直径3mm,厚さ1.4mmのものが届きました.50個入りだったので45π[mm^2]くらい得しました.

 ネオジム磁石はそのまま体内に入れるのはあまりよろしくないので,通常安定な金属でめっきを行います.私は金メッキを施しました.一般的なネオジム磁石はニッケルメッキされているので金の食いつきは良いのですが,きれいにメッキをするにはそれなりのコツが必要でした.

 手術器具に関しては,必要なものは全てネット通販で揃ってしまいます.恐ろしい時代ですね.他のもので代用できるような器具もありますが,念のためちゃんとしたものを購入しました.メスや針付き縫合糸,持針器など.

 未消毒のものは消毒してから使います.準備が整ったら麻酔をします.指は左手の薬指を選びました.私は痛いのが苦手で,麻酔はしっかりやろうと思いました.麻酔成分入りの軟膏を指に塗り,感覚がなくなるまで氷で冷却しました.
 麻酔が効いてきたら指が温まる前にメスを入れます.メスは切れ味が良いのですいすいと指に入っていきました.ちなみに使用したメスの刃は11番です.
 切り込みを入れてメスを抜いたところで結構血が出て,それを見ていたら貧血になってしまいました.吸血鬼なのに自分の血液を見て具合が悪くなるとは情けない・・・.ガーゼを指に当て,しばらく休んだらよくなったので再開.その後,貧血→休んで回復→作業再開の繰り返し.磁石を入れようとするもピンセットにくっついてうまく入らない.竹串で押そうにも血ですべって入らない.結局,手にアルコールを塗って指で磁石をねじ込みました.あとは竹串で磁石を奥に押し込んでなんとかインプラント完了.磁石のおかげで出血も減りました.


 縫合のために縫合糸なども用意してあったのですが,磁石がそんなに奥に入らなかったことや貧血がひどいことから縫合は諦め,絆創膏のテープの部分で傷口をふさいで手術終了.磁石がぬるっと出てきてしまわないか心配です.


 とりあえず成功.

 傷口が塞がるまで安静にしていようかと思います.メスの切れ味が良いおかげで麻酔が切れてもあまり痛みません.
 今回の手術についていくつか不安な点があります.磁石が出てきてしまわないか?傷口は膿まないか?仮に問題なく傷口が塞がったとしても,金メッキはいつまで持つのか?飛行機に乗れるのか?MRIは・・・まあ多分ダメだろうな,などなど・・・.とにかく,傷が塞がるまでの数週間様子を見てみようと思います.他にできることないし.

 安静にしてなきゃならないの,つまんないなぁ・・・.

 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿