2017年4月25日火曜日

デジタルオシロスコープキットを組み立ててみた

 先日秋月電子でオシロスコープキットを購入しました.今まで大きなアナログオシロスコープを使っていたのですが,部屋が散らかっているときに用意するのがなかなか面倒だったので,使いたいときにささっと使える小さなオシロスコープが欲しいと思っていたのでこのキットは魅力的でした.

 今日は早起きしたので朝から組み立て始めました.その後も昼休みに家に戻って少しだけ進めたりと,合間を縫って組み立てていきました.キットは久しぶりに組みましたがやはり楽しいですね.部品を全てつけ終えてからどこかパーツを間違えていないかとかドキドキしながら電源を入れる・・・キットに限らないドキドキですがキットに限っては大抵うまく動いてくれるのでうれしいですね.

わぁ!説明書通りにはんだ付けするだけでオシロスコープができた!

 軽いし小さいし,とても便利そう.今後の実験に活用しようと思います.



2017年4月24日月曜日

理研グッズ「ニホニウムマグカップ」の目盛について

 はうでぃ.4月22日に埼玉県和光市の理化学研究所で一般公開の見学をしてきました.

 和光市の一般公開は去年も行きましたが,去年に増してニホニウム推しだったように思えました.GARISの見学ツアーがなかったのが少し残念.でも最新版の元素周期表などもらえてとてもうれしいです.あまり写真は撮影していませんが,様々な分野の最先端の研究の説明が聞けるのでとても楽しいイベントです.

 また,売店ではニホニウムマグカップなどニホニウムに関するグッズがたくさんありました.私はニホニウムマグカップと手拭いを購入.マグカップは1つ1000円くらいだったかな?


 ところでこのマグカップ,中に一箇所線が引いてあります.

 113・・・なんなんでしょうかね,mLかな?売店の人に聞いてみるとあいまいな解答が・・・.帰宅後メスシリンダーを用いて調べてみました.
 100mL(±1mL)メスシリンダーを用いて,2回に分けて1回目は100.0mL,2回目は13.0mLの精製水をマグカップに注ぎました.1回目の100mLを注ぐと・・・

 もう113の線に届いていますね.残りの13mLを注ぐと線を越えてしまいました.

 以上より,この線は100mL付近の体積を示していることがわかりました.しかし私が購入したカップのみが偶然線の位置が低いものだったりという可能性もあるので,気になる方は各自測定してぜひ結果を教えてください.



2017年4月16日日曜日

指に磁石を入れてみた

 今日はインプラント手術をしました.タイトルの通り,指に磁石を入れる作業です.このような手術は日本では珍しい(というか見たことない)ですが,海外では結構例があります.磁場を感じることができるようになるので楽しそうだと思い私もやってみました.

 指に入れる磁石ですが,大きいと入れるのが大変だったり,入れた後生活に支障が出たり・・・,ということで,直径3mm,厚さ1mmの円盤状ネオジム磁石が人気なようです.私もそのサイズにしようと思って注文したのですが,シンガポールの業者の手違いで直径3mm,厚さ1.4mmのものが届きました.50個入りだったので45π[mm^2]くらい得しました.

 ネオジム磁石はそのまま体内に入れるのはあまりよろしくないので,通常安定な金属でめっきを行います.私は金メッキを施しました.一般的なネオジム磁石はニッケルメッキされているので金の食いつきは良いのですが,きれいにメッキをするにはそれなりのコツが必要でした.

 手術器具に関しては,必要なものは全てネット通販で揃ってしまいます.恐ろしい時代ですね.他のもので代用できるような器具もありますが,念のためちゃんとしたものを購入しました.メスや針付き縫合糸,持針器など.

 未消毒のものは消毒してから使います.準備が整ったら麻酔をします.指は左手の薬指を選びました.私は痛いのが苦手で,麻酔はしっかりやろうと思いました.麻酔成分入りの軟膏を指に塗り,感覚がなくなるまで氷で冷却しました.
 麻酔が効いてきたら指が温まる前にメスを入れます.メスは切れ味が良いのですいすいと指に入っていきました.ちなみに使用したメスの刃は11番です.
 切り込みを入れてメスを抜いたところで結構血が出て,それを見ていたら貧血になってしまいました.吸血鬼なのに自分の血液を見て具合が悪くなるとは情けない・・・.ガーゼを指に当て,しばらく休んだらよくなったので再開.その後,貧血→休んで回復→作業再開の繰り返し.磁石を入れようとするもピンセットにくっついてうまく入らない.竹串で押そうにも血ですべって入らない.結局,手にアルコールを塗って指で磁石をねじ込みました.あとは竹串で磁石を奥に押し込んでなんとかインプラント完了.磁石のおかげで出血も減りました.


 縫合のために縫合糸なども用意してあったのですが,磁石がそんなに奥に入らなかったことや貧血がひどいことから縫合は諦め,絆創膏のテープの部分で傷口をふさいで手術終了.磁石がぬるっと出てきてしまわないか心配です.


 とりあえず成功.

 傷口が塞がるまで安静にしていようかと思います.メスの切れ味が良いおかげで麻酔が切れてもあまり痛みません.
 今回の手術についていくつか不安な点があります.磁石が出てきてしまわないか?傷口は膿まないか?仮に問題なく傷口が塞がったとしても,金メッキはいつまで持つのか?飛行機に乗れるのか?MRIは・・・まあ多分ダメだろうな,などなど・・・.とにかく,傷が塞がるまでの数週間様子を見てみようと思います.他にできることないし.

 安静にしてなきゃならないの,つまんないなぁ・・・.

 
 

2017年4月1日土曜日

Diet

 Dietとは「(日常の)食事」のことであります.


 生物が活動し,またその体を維持するためには基本的に外からエネルギーやタンパク質,その他いろいろな栄養を取り込む必要があります.特に我々は動物であり,中でも恒温動物であり,体もそれなりに大きいため,多くの食事を必要とします.
 私が住んでいるところには文明があり,ある程度発達した社会があるため食料を得るために狩りをする必要はありません.それでもなお食事のために多くの時間を割く必要があります.食材を購入し,必要があれば調理し,それを食すのにさえ時間がかかります.どうしたら食事に割く時間を最小限にできるでしょうか?
 食材の購入と調理を食事の度に行うのでは効率が悪いので,一度にたくさんの食材を購入し,一度に調理して保存し,1日1回,袋から1つ出して食べたら食事完了・・・というのが望ましいですね.要するに1日分の栄養を全て含んだクッキーのようなものがあればよいのです.

 それでは早速作っていきましょう.材料は以下の通り
・「1日分の野菜」的な野菜ジュース1本
・小麦粉(薄力粉)200g
・上白糖50g
・プロテイン50g

 単価は1日分あたり約340円.
 
 プロテインにはこちらの商品を使用しました(リンクにアヒィは入ってません).上記の材料を混ぜ合わせ,オーブンで焼きます.

 お,多い・・・!

 これが半日分.




 上の写真が1日に必要な栄養を全て詰め込んだ食事になります(栄養が本当に完璧というわけではないので注意).クッキーだけでは足りなかったのでうどんを一束足しています.
 このクッキーのエネルギーはおおよそ1170kcal,タンパク質は55gほど.これにうどん一束加えるとエネルギーは1510kcal,タンパク質は64gほどになります.ヒトが1日満足に活動するために必要な食事の量は市販のクッキー1枚程度の大きさには収まらないようです.味は不味くはないけどおいしくもないのでこの量食べきるにはかなりの時間を要します.これでは意味がないですね.

 というわけで,一口で食事が完了する完全なクッキーの製作は失敗に終わりました.毎日同じものばかり食べていると何らかの栄養が欠乏しやすくなるので気を付けましょう.以上.


2017年3月27日月曜日

お冬休み 18きっぷと新幹線と特急列車の旅

 お久しぶりです.3月中はいろいろあったのですが忙しくて更新できなかったのでまとめて書きます.

 3月11日は兎の者,餃子の者と共に福島県へ行きました.常磐線で東京から行かれる最東端の竜田駅へ.

 東北へは初めて行ったのですが,とても寒かったです.駅前に線量計がありました.持参した安物の線量計で周辺の線量を測ってみると,地表から1mほどの位置で,線量が高いところでは0.5μSv/h,低いところでも0.15μSv/hくらいはありました.ホットなところにはリボンつきの棒が立ててあり,地表の線量が最大1μSv/hを超える場所もありました.しかし住宅街の線量は低く,そこいらの線量(特に花崗岩が多い地域)と大差ありませんでした.(以上の測定結果はちゃんと校正されてるかもわからんような線量計での結果です)
 人がほとんど住んでいない住宅街はとても静かでした.

 3月19日はNT京都2017.1年に1度の,私が最も楽しみにしているイベントです.前日は18きっぷで京都へ向かおうと思ったのですが二度寝の誘惑に負けて昼に出発,新幹線で京都へ.

 東海道新幹線でNT京都来る人達のこの写真Twitterに上げる確率was 異常.
 NT京都前日は例年通り出展者のみんなと夜中までMake.

 NT京都当日,私は屋上でゆったり展示していました.せっかく屋上に場所作ってもらったのにハイパワーなことできなかったので次回はがんばりたい.屋上にテスラコイルが並び,来場者の皆さんがそちらへ流れてしまうのを見て,「皆さん暗室のテスラコイル展示をたくさん見て,テスラコイル欲を満たしてから屋上に来てほしいなぁ・・・」と訳の分からんことを言いながらの展示でした.私はこの前ニコ動で紹介したセメント電気炉とか,お部屋で合成したちょっとしたケミカルなんかを展示しました.兎の者,餃子の者と共同出展.彼らは真空管とか泥水とか展示してました.
 今年も屋上で顔が日焼けして痛かったです.だから日焼け止め買っておこうって言ったのに.

 見に来てくださった皆様・さらにカンパや差し入れをくださった皆様・出展者の皆様,本当にありがとうございました.


 3月20日.NT京都の撤収が終わったら大阪へ.これも毎年恒例.今年はなぜかみんなが先に大阪へ旅立ってしまったので私はうさうさとゆったり観光(?)

 手足が滑って何やらきれいな学校を訪れてしまいました.

 学校を見た後は日本橋でお買い物したり,みんなで遊んだり・・・楽しかったです.ストリキ君,また本州に来たときは一緒に遊ぼうね.

 
 帰るのが面倒になったのとまだみんなと遊びたかったのでなかたくんのお部屋(なかた邸)にお邪魔することに.一緒に食事をしたり工作をしたりでこれもまた楽しかったです.

 写真はなかた邸・・・ではなく歴史ある建物.

 3月22日は大阪でFEL研究室のお二人(なかたくん,KKTくん)とゆかいな仲間たちと一緒にわいわい遊びました.

 とても楽しい旅を終え,この機を逃すと冬休み中に帰省する余裕がなくなるなぁと思ったので急きょ帰省することに.

 名古屋で食べたひつまぶしがおいしかった.

 しばらく実家でだらだらして,今日やっと静岡に戻ってきたのです.久しぶりに部屋に入ったらお部屋の植物にも変化がみられてよかったです.


 以上,雑~な旅の記録でした.



2017年2月19日日曜日

塩タブレットを作った

 この前作った炉で遊ぶのが楽しくてマイブーム.



 私は何かを作るときにアルミホイルをよく使うので,使用済みのものを融かして遊んでいます.

 そして今日は食塩の融解に挑戦してみました.今まではアルミニウム(融点660℃くらい)までしか試していませんでしたが,果たして食塩(塩化ナトリウム,融点800℃くらい)を融かすことはできるのでしょうか?

 

 特に工夫はなく,容器に食塩を入れて加熱.蓋をして加熱すること20分・・・


 わぁい!融けた!
 さらさらした透明の液体になりました.これを食塩のくぼみのなかに流し込めば・・・


 塩タブレットの完成!




2017年2月18日土曜日

manganese

 Hi.今日はマンガンで遊んでみました.
 
 マンガン乾電池の中に入っている黒い粉・・・二酸化マンガンが主成分ですが,こいつをなんとかして金属マンガンにしたいと思い,今朝,黒い粉と不純物だらけの塩酸をビーカーに入れ,塩素の臭いに耐えながら反応を待ちました.黒い粉のせいで溶液の色の変化はわからなかったのですが,酸化マンガンと塩酸が反応してピンク色のマンガン(Ⅱ)イオンが遊離していることを期待し,わくわくしながら濾過したのですが・・・

 えぇ・・・.なぜか緑色の溶液になってしまいました.これはおそらくマンガン酸イオン(MnO42- )によるものと思われます.塩酸が薄かったせいで思うように反応が進まなかったのでしょうか.よくわかりませんがこのとき私はなぜかこいつをさらに酸化しようと考えてオキシドールを加えました.

 何が起こったのかわかりませんがオレンジっぽい色になって楽しかったです.ちなみに加熱すると酸素が出てきて溶液は緑色に戻ります.本当に何が起こっているのかわからないです.

 また,上の溶液(緑色の溶液)に水酸化ナトリウムを入れると褐色沈殿と白色沈殿が生じました.

 どちらも水酸化物沈殿特有のどろどろした感じがあります.白色沈殿は水酸化マンガン(Ⅱ)(Mn(OH)2 ) 褐色沈殿は水酸化マンガン(Ⅳ)(MnO(OH))だと思います.

 う~ん・・・

 よくわかんないし,とりあえず電解しちゃえ☆



 緑色の溶液を電気分解している様子です.片方の電極からは褐色の何かが出ているのがわかるかと思います.

 向かって右の電極のほうが低電位(こっちの電極から電子が出ている)です.塩素ガスとともに褐色の何かが出ています.これは二酸化マンガンだろうと思いますがこれもよくわかりません.もう一方の電極からは盛んに泡が出ていますね.しばらくすると・・・

 電位の低い方の電極からは赤っぽい溶液が生じるのがよくわかるようになりました.色からして過マンガン酸イオンと思えますがどうなんでしょうか.そして左の電極からはなんと樹状の金属が生えているではありませんか!

 写真だとわかりにくいですが灰色っぽい銀色で,ところどころ金属光沢が見られました.

 やったね.たぶんマンガンでしょ(適当).
 
 電解で発生した塩素ガスのおかげで炭素電極の固定使っていたクリップが十数分で錆びました.

 電解始める前は新品でぴかぴかだったんですが・・・.まさかここまで錆びているとは,,,


 なんだかとても適当な実験でしたが,なんとかマンガンっぽいものを回収できたので個人的には大変満足しています.もう少し実験を進めたらより効率よくマンガンが回収できると思いますが,この反応だと塩素ガスが発生する操作が2回もあるので,どうにかして塩素が出る工程を減らしたいと考えています.

 今日はここまで.春休みに入り,いろいろな実験(特に化学系)をしていますがNTの進捗が・・・.

 あ,そうだ.この前ニコ動に動画を投稿したのでよかったらみてください.



 それでは,だすびだーにゃ.





2017年2月11日土曜日

空気から酸化剤を作る

 ハーバー・ボッシュ法はよく「空気から火薬を作る」などと言われますが,大気中の窒素のほかに水素を用意する必要があり,「空気から」とは言い難い部分があります.対して今日の私は空気中の酸素と窒素を用いて直接硝酸を得たため,ハーバーやボッシュよりも空気から火薬を作る男に近いのであります.

 今日は硝酸メイカーで作った硝酸と薬局で買ったセスキ炭酸ソーダを用いて硝酸ナトリウムを作ってみました.

 これにお砂糖を混ぜるとあぶない粉ができます.

 火をつけてみるとほらこの通り


 お砂糖(ショ糖)は単独だと燃えにくいのですが,硝酸ナトリウムが酸化剤として働くことで簡単に燃えるようになります.たくさん煙が出るのでびっくりしました.

 今回は家にちょうどいい塩基性のカリウム化合物がなかったためナトリウム塩を作りましたが,例えば炭酸カリウムや水酸化カリウムを用いて硝酸カリウムとすることで,酸化剤としてではなく肥料としても使用できるようになると思います.でもそれを作るのに結構エネルギーを使うのであまりオススメできませんね.

 現在の硝酸メイカーはあまり効率が良くないので近いうちに改良したいです.


2017年2月2日木曜日

イルカを食べた

 今日はスーパーでイルカを見つけたので買ってきました.水銀補給要因.

 なかなか珍しいお肉ですね.クジラはよく見るけれど,イルカはなかなか食べないんじゃないかなと思います.ところでこれ,なんのイルカなんでしょうかね.真っ白の皮がついています.

 ホラ.触っちゃってますよイルカの肌に.よく水族館のイルカショーなんかで飼育員さんの投げたボールをキャッチできたらショーの後にイルカに触れるというのがありますが,これを買えばイルカの肌を触り放題なワケです.
 写真からもわかるように,白くて厚い皮の下に分厚い脂身があります.


 なんだかんだでステーキになりました.中まで火を通さないといけないと思い,長時間加熱したため肉は随分とパサパサになってしまいました.味付けはもちろん最高ですが肉が結構生臭いです.レバーみたいな食感.また,皮は弾力があり,脂身は噛んだ瞬間に液体になるくらいジューシーであんまりおいしくないです.

 調理の反省点としては,予想以上に生臭かったので臭みを消すような下処理を念入りに行うべきであったことが挙げられます.今回はステーキにしましたがパサパサになるのと,脂身がステーキ向けでないことから,シチューなど汁物の具として用いるのが良いのではないかと思います.


 結論
 クジラの刺身が食べたい.



2017年1月23日月曜日

Methane Maker

 おはようございます.化学合成用にヨーグルトメイカーを購入したのですが微生物の培養に使い始めてしまい結局追加でヨーグルトメイカーを注文しました.

 それはそうと私は数日前にメタンメイカーを作りました.

 右の瓶の中にイカの内臓やバナナの皮,米のとぎ汁,泥などを入れてあり,そこで発生した気体を左の試験管に水上置換で集めるような構造となっております.瓶の中で細菌がメタンや水素などの可燃性ガスを作ってくれるとうれしいな,という装置です.

 そして今日,様子を見てみると試験管に気体が溜まっていました.

 この気体に期待してろうそくの火に近づけてみたのですが燃えませんでした.残念.

 今回の気体が燃えなかった理由としては,この記事の一枚目の写真からもわかるかと思いますが,瓶の中が好気的な環境になっていたことが挙げられるかと思います.微生物が好気呼吸を行うことで二酸化炭素が発生した可能性があります.そのうち瓶の中の酸素がなくなるので放っておけば嫌気的な環境になると思います.また,瓶にもっと生ごみを入れて空気を少なくすればより早く酸素がなくなり,細菌の餌も増えるでしょう.
 ということで,瓶がいっぱいになるまで生ごみを足す予定です.

 好気呼吸であれ嫌気呼吸であれ,部屋が結構寒かったにもかかわらず数日で試験管がいっぱいになるほど気体を出してくれたのは驚きです(室温8~13℃でした).